性欲は脳が引き起こしている

 

女性の大脳

 

セックスの快楽は一体、体のどこからやってきてどこで作用しているのでしょう。

 

考えてみると、性器を刺激することで快感が発生しているから性器がら発生していると考えがちですが、発生源も作用しているところもすべてが脳内で完結しているのです。

 

性は脳が感じています。ここでは性を感じる仕組みにつて説明していきたいと思います。

 

誰かに愛情を感じると、自然に手にふれ、抱きしめたくなります。これは感情をつかさどる脳が、性愛の元となる快感や性欲を引き起こすからです。

 

自分の意志とは全く関係ないところで性的興奮の源が発生しているということです。

 

目は皮膚から飛び出した脳ともいわれています。目と目を合わせることで、男女ともに胸がドキドキした経験があるはずです。

 

これは見つめ合っていると目と目がそれぞれの脳に相手のことを愛しているという感情を呼び起こして一つになりたいという欲求を形成するからなのです。

 

そこから、相手のことをふれたいと感じたり、時間をともにしたいと感じたり、段階を経て相手のことを本当に愛していると確信することにはお互いに相手のことを異性としてみるようになり、セックスの相手として認識されるのです。

 

よく一目ぼれや始めてみてビビットきたという表現がありますが、まさしくこれは脳がだ、性欲の信号なのです。